■府中インターネットのPing値は

 

快適にオンラインゲームを行う際には、Ping値が重要と
なってきます。 府中インターネットではどうでしょうか。

 

 

 

オンラインゲームとは、インターネットを利用して遠く離れた相手や
知らない相手との対戦ゲームができるシステムです。

 

 

オンラインゲームには、サーバクライアント方式とP2P方式が
あります。

 

 

サーバクライアント方式は、同じサーバにプレイヤーが集ってプレイ
するものです。

 

 

P2P方式は、サーバを介さずにプレイヤー同士を直接接続して
プレイするものです。

 

 

P2Pの方式を使ったものとして、映像付きの電話ができるSkype
があります。

 

 

また、WinnyやWinMX、トレントなどのファイル共有ソフトも
P2Pの方式を使っています。

 

 

P2Pでの通信は、大容量のデータを送受信するので回線を圧迫している
と問題視されています。

 

 

P2P方式は、オンラインゲームの対戦型のゲームで多く使用されています。

 

 

対戦型のゲームでは、タイムリーな一瞬の操作でゲームの勝敗の状況が
変わってくるので、通信速度の安定性が重要視されています。

 

 

Ping値とは、キーボードで信号を送ってから画面へ反映されるまでの
時間を表しています。

 

 

ゲームでは、操作ボタンを押してからそれがゲームでの画面に反映されるまで
の時間を表しています。

 

 

このPing値の数値が少ないほど反応がよいということになります。
Ping値はプロバイダにより大きく差があります。

 

 

対戦ゲーム中にPing値が急に上がると、反応が遅くなるということなので
ゲームに支障が出る結果となってしまいます。

 

 

■実際に測った府中インターネットのPing値

 

実際に、府中インターネットではPing値はどれくらいでしょうか。

 

 

 

ネットで府中インターネットのPing値を表示しているものは、1件
しかありませんでした。

 

 

その表示されているPing値は「1」でした。

 

 

対戦ゲームでのPing値とは、接続相手との通信が完了するまでの
時間(ラグ)を表します。

 

 

単位は 時間(ms)です。
Ping値が大きければ、大きなラグがあるということです。
大きければゲームに影響を及ぼします。

 

 

Ping値は、計測する場所、時間、ネット状況などによって変化します。
接続する相手との距離でも変わってきます。

 

 

Ping値が100msを超えると、オンラインゲームには適さないと
言われています。

 

 

ネットの数値だけを見ると、府中インターネットはオンラインゲームにも
適した最高のプロバイダであると言えます。

 

 

ただ、提示されているのが1件だけなので、なんとも言えませんが、
同時に表示されているOCNのPingが15なので、府中インターネット
の数値は優れていると言えます。

 

 

プロバイダが帯域制限を行うと、Ping値は上がります。
府中インターネットは帯域制限がないということなので、人気があるよう
です。

 

 

P2Pによる通信を制限しているプロバイダでは、P2P通信を発見した
時点で帯域制限を行います。

 

 

また、1日あたりの通信量の上限を定めて、超過すると帯域制限を行う
プロバイダも多くあります。

 

 

一瞬の操作で状況が変わるようなオンラインゲームにおいて、このような
帯域制限があると、プレイに支障をきたすので、帯域制限による速度規制
が無いプロバイダをプレイヤーは探しているようです。

 

 

■通信制限のないプロバイダ

 

府中インターネット以外に制限、規制のないプロバイダです。

 

 

 

帯域制限やP2P制限、転送量制限の無いというプロバイダは、他に次の
ところがあります。

 

 

・かもめインターネット
神奈川県の地域プロバイダとしてサービスを開始しました。

 

 

現在ではNTT東日本、NTT西日本のフレッツ光を使用して、全国に
対応しています。

 

 

速度制限が無いだけでなく、固定IPアドレス(複数も可)を取得すること
もできる数少ないプロバイダの一つです。

 

 

・ちょっパヤ!ネット
2014年7月に誕生した新しいプロバイダです。

 

 

NTT東日本、NTT西日本のフレッツ光を使用して、全国に対応しています。

 

 

このプロバイダでも、固定IPアドレス(複数も可)を取得することが
できます。

 

 

ビジネス系のサービスが充実しています。

 

 

・nuro光
So−netが2013年からサービスを開始した光ネット通信です。

 

 

フレッツ光のギガ通信(1Gbps)よりも早い、最速の2Gbpsでの
通信を提供しています。

 

 

P2P方式での通信に対しては、制限を行うと規定しています。

 

 

しかし、WinnyやShareなどのファイル共有ソフトに対する規制は行うが、
オンラインゲームに対しては、規制は行なっていないそうです。

 

 

NTTの光ケーブルを使用していますが、全国すべてに対応している訳では
ないので、契約する場合は確認が必要です。